利用規約


タイムリーニュースは株式会社タイムリーが提供する情報サービスです。
本規約は、タイムリーがWebサイト「TIMELYNEWS.jp」を利用される方すべて(以下、「ユーザー」)に対して、サービスを利用を開始した時点で適用されます。
ただし、特定のコンテンツにおいて特別の利用規約が設けられている場合において、その特別の利用規約の内容が本規約と抵触する場合には、その抵触する部分に関しては、特別の利用規約が優先的に適用されます。

1. 免責事項

本サイトは、タイムリーニュースにより提供される記事、見出し、図表、写真およびソフトウェア等(以下、「コンテンツ」)が適法・正確・適時であること、ユーザーの需要に適合すること、
タイムリーニュースの提供に不具合やエラーや障害が生じないこと、ならびにタイムリーニュースにおいて提供されるソフトウェアに、不具合やバグが生じた場合に直ちに修正されること、
その他ユーザーへのタイムリーニュースの提供については最善を尽くしますが、ユーザーに対し、これらについて何ら保証するものではありません

タイムリーニュースは、ユーザーが本サービスを利用したことにより被った損害、その他Iタイムリーニュースに関連して被った損害について一切責任は負いません。

2. 禁止事項

タイムリーニュースは、ユーザーが次の事項に該当する、もしくはその恐れのある行為を行うことを禁止しています。

  • 当サイトを装いまたは詐称する行為
  • 有害なコンピュータープログラムなどを送信または書き込む行為
  • 当サイトに関するプログラム等の改変、リバースエンジニアリング、解析またはユーティリティの作成・頒布等の行為
  • 当サイトのサーバまたは当サイトに対する不正アクセス等タイムリーニュースの運営に支障を生じさせる行為
  • 当サイトを利用した、営業活動または営利もしくはその準備を目的とした行為
  • 選挙運動またはこれに類似する行為および公職選挙法に抵触する行為
  • タイムリーニュースまたは他のユーザーその他第三者の財産、プライバシーまたは肖像権を侵害する行為
  • 他のユーザーのメールアドレス等を不正に利用したり、譲渡・販売する行為
  • タイムリーニュースまたは他のユーザーその他第三者の著作権その他の知的財産権を侵害する行為
  • 事実に反する情報または意味のない情報をタイムリーニュース内で送信または書き込む行為
  • 犯罪行為を目的にしたり、犯罪行為を誘発する行為
  • 他人の名誉を毀損したり、権利を侵害する行為
  • わいせつ、児童ポルノまたは児童虐待その他若年層にとって不適切な内容、もしくは露骨な性描写の内容の画像、文章などを送信または掲載する行為
  • 民族的・人種差別的な行為
  • その他、法令に違反し、公序良俗に反する行為
  • タイムリーニュースの運営を妨げるような行為

3. 著作権等

コンテンツに関する著作権および商標権その他知的財産権は、タイムリーニュースまたは当該情 報の提供元に帰属し、また、個々のコンテンツの集合体としてのタイムリーニュースに関する著作 権および商標権その他知的財産権についても、タイムリーニュースに帰属します。
したがいまして、ユーザーは、タイムリーニュースにより提供されるコンテンツの全部又は一部を、 タイムリーニュースの事前の承諾なしに、転載、複製、出版、放送、公衆送信等その他著作権等を 侵害する行為を、自ら行うことはできず、また第三者に行わせることはできません。

4. 国際的利用

インターネットは国境を越えて利用されるものであることを十分理解のうえ、ユーザーは、利用される国、地域における法令・規制を遵守しなければなりません。

5. 規約違反

タイムリーニュースは、ユーザーが本規約等に違反した場合には、当該ユーザーによる当サイトの利用を停止および禁止することができるものとします。
また、当該ユーザーに対し、当該違反行 為によって当該ユーザーが得た利益相当額またはタイムリーニュースが被った損害額のうちいずれか大きい金額を請求することができるものとします。

6. タイムリーニュース内のリンク等

タイムリーニュースにおいて他のWebサイトやリソースへのリンクをしたり、第三者が他のWebサイ トやリソースへのリンクを提供している場合があります。
当該サイトやリソースについては、それぞ れの運営主体が管理しており、タイムリーニュースは管理する権利および義務を有しておりませんので、ユーザーに対し、
その利用可能性および当該サイトやリソース上の情報、広告、商品または 役務等について何ら保証するものではなく、これらによりユーザーに損害が生じても一切責任を負わないものとします。

7. コンテンツの二次使用(リンク・転載)について

ユーザーは原則として、下記の場合を除き、タイムリーニュースへのリンクを行うことができます。記事の転載を希望する場合には、事前に、お名前、連絡先、Webサイト(以下、「貴サイト」)の内容、アドレスおよび趣旨などを、
お問い合わせページを通じてタイムリニュース編集部へ連絡してください。
タイムリーニュースでは営利目的の継続的なリンクと記事転載に関しましては、有償サービスとして提供しております。

リンクをお断りする場合

以下の事項のいずれかに該当する場合は、リンク自体をお断りする場合があります。

  • 営利を目的としたものである場合
  • タイムリーニュースに掲載された画像に対する直接リンクの場合(画像表示について)
  • タイムリーニュースの設立目的、企業理念またはイメージ等に合わない場合
  • タイムリーニュースに経済的損失が生じると考えられる場合
  • タイムリーニュースのページへのリンクである旨を表示しない場合
  • 選挙運動またはこれに類似する行為および公職選挙法に抵触する行為
  • 独自のフレームの中に、タイムリーニュースのWebサイトを取り込んだ形でリンクされる場合
  • 第三者が著作権を保有する記事へのリンクの場合
  • お名前またはリンクの趣旨等事前に連絡された事項に虚偽があった場合
  • 事その他タイムリーニュースの運営に支障を来す恐れがあるとタイムリーニュースが判断した場合
  • 8. 規約の変更

    タイムリーニュースは、ユーザーに事前に通知することなく、またその事前の承諾を得ることなく、本規約等を変更できるものとします。本規約等変更後に、ユーザーがタイムリーニュースを利用したことにより、変更後の本規約等の内容を承諾したものとみなします。

    9. サービス内容の変更

    タイムリーニュースは、ユーザーに事前に通知することなく、またその事前の承諾を得ることなく、タイムリーニュースの内容を変更し、またその提供を停止または中止することができるものとします。
    タイムリーニュースは、当該変更または提供の停止もしくは中止により、ユーザーに損害が発生した場合であっても、一切責任を負わないものとします。

    10. プライバシーの考え方

    タイムリーニュースが本サイトを通じて取得したユーザーの個人情報については、
    タイムリーが規定するプライバシーポリシーおよび個人情報保護法等法令の規定に準拠して取り扱うものとします。

    11. クッキー(cookie)について

    クッキー(cookie)は、インターネットの効果的な運用のために、サーバからユーザーに送信してユーザーのコンピュータにファイルとして保存されることのある利用記録などの情報ですが、タイムリーニュースは、ユーザー個々のニーズに合わせてWebサイトをカスタマイズしたり、Webサイトの内容や提供するサービスをユーザーにより満足いただけるよう改良したりする為、クッキーを送受信 することがあります。
    クッキーの受け取りは、ブラウザの設定によって拒否することができます。ただし、その場合は一部機能に制約が生じることがあることを予めご了承ください。
    タイムリーニュースが広告の表示および配信を委託している会社、またはタイムリーニュース上で 広告を表示している会社(広告主)が、同様にクッキーを設定している場合があります。その場合、委託先および広告主の会社がクッキーの情報を取得します。
    また、そのように設定されたクッキーは、タイムリーニュースに提供・開示されることはなく、その会社のプライバシー運用ポリシーの元で管理されます。ご了承下さい。

    12. タイムリーニュースに掲載される広告について

    タイムリーニュースには、広告(バナーやテキスト広告など)が掲載されています。
    タイムリーニュースは運営継続を目的とした広告収入を収益の一部として考え、コンテンツやサービスに理解と興 味を持った広告主に一定の枠を提供しています。
    タイムリーニュース内のページは、こうした広告枠 の表示を前提としたデザインになっております。
    またユーザーがタイムリーニュースを訪れ、バナー 等の広告をクリックした場合の飛び先のサイトについてのプライバシーの考え方は、そのサイトのプライバシー運用ポリシーをご確認ください。飛び先のサイトについては、タイムリーニュースでは責任を持ちかねます。

    13. その他

    本規約等は日本国の法令に準拠し、解釈されるものとし、タイムリーニュースおよび本規約等に関する紛争は、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。